X線分析の進歩・ その他出版物

『X線分析の進歩』誌は、現在51集(2020年3月)まで発行されています。昭和39年(1964年)に『X線工業分析』として発刊され,第5集(昭和45年、1970年)から『X線分析の進歩』として毎年刊行しています。2019年3月発行版で50集を迎えました。日本の産学官におけるX線分析の研究・技術の現状と発展を記録してきた貴重な技術・研究誌で、X線分析関係の論文、解説、「X線分析討論会」を含む、学会の講演プロシーディング、行事の紹介、機器についての資料集など、わが国における業界の年鑑といえます。

『X線分析の進歩』誌への投稿をお待ちしております。通年受け付けておりますが、12月末までに投稿された原稿を翌年3月発行の巻に掲載するスケジュールで編集いたします。詳しくは投稿の手引きをご覧ください。

X線分析の進歩 投稿の手引き

X線分析の進歩 バックナンバーCD-ROMの紹介

X線分析の進歩 ⇒出版社URLへ

その他出版物:蛍光X線分析の実際(第2版) ⇒出版社URLへ

ページの先頭へ